保湿化粧品

現在は、合成界面活性剤の入っていない無添加の化粧品が流行っていて保湿化粧水などを手作りして使っている人は多いです。

 

手作り保湿化粧水のよいところは、自分の肌に合わせて保湿力を調整できるということで、デメリットは日持ちしない、材料費が少し高いということですが、肌のことを考えるとお金には変えられない部分もあるので何を試しても保湿しないという人は手作り保湿化粧水を作ってみてください。

 

保湿成分として定番なのがグリセリン、ヒアルロン酸、セラミドです。

 

保湿成分の多くは人間の体に蓄えられている物であり、グリセリンなども体の中にある成分でアレルギーが出にくいといわれていますが、保湿成分を化粧すりに入れすぎると逆に水分を吸い取って肌が乾燥することがあるので、最初は少量で試して自分の肌に合う濃度を見つけて作っていきましょう。保湿化粧水ランキング
がおすすめです。

続きを読む≫ 2014/09/18 07:52:18

セラミド化粧水を選ぶとき、大きく分けて「カウンセリング化粧品」と「通販化粧品」の2種類に分けることが出来ます。

 

一般的に、カウンセリング化粧品の方が高く、通販化粧品の方が安いという風にいわれていますが、大切なのは価格よりもやはり効き目。

 

カウンセリング化粧品と通販化粧品のせラミド化粧水で、効き目に違いはあるのでしょうか。

 

結論から言うと異なります。

 

まず、カウンセリング化粧品は自前で研究施設を持っており、効果の高い特許成分を含んでいたりします。

 

同じ成分が含まれていたとしても、その成分の含有量はカウンセリング化粧品の方が高いです。

 

また、その成分を作る原材料が国産か輸入物かも、この両者では異なります。

 

さらに分子の大きさも異なっていたりするのです。

続きを読む≫ 2014/09/16 07:51:16